TEAM DUNLOP

相手の要望を事前に察知し
それを越える価値を提供する

先輩インタビュー

本部業務- Head office -

PROFILE

ダンロップタイヤ近畿(株)前島 忠昭MAESHIMA TADAAKI

職種:本部 セールス
職歴:12年目
趣味:子供と遊ぶ事
好きな言葉:明日やろうは、ばかやろう

入社のキッカケ

当時は就職氷河期でしたが、大学の卒業がギリギリだった事もあり就職活動をあまりしておらず、周りの就職活動が終わりに差し掛かった頃、就職先を探し始めました。
少しですが車に興味があったという事もあり、自動車関連業界のダンロップタイヤに応募しました。
車に興味があったと言っても詳しいわけではなく、ダンロップという名前を聞いたことがあるから受けてみようか程度の意識しかありませんでした。
内定を頂き、就職活動をしていない為、もちろん他に選択肢も無く、当社に入社する事となりました。
入社してみると先輩方には車が好き・ダンロップタイヤが好きという熱い方が非常に多くて、少し驚いた事を覚えています。
今ではその熱の影響もあってか、私より年下の世代では車が大好きという方は少なくなったのかなというのが少しさみしいですね。

現在の仕事

現在はガソリンスタンドを経営されている法人様の本部セールスをしています。
同じブランドの看板をつけていても、経営している法人様は異なります。
ガソリンスタンドでも、お客様の安全への提案の一つとしてタイヤを扱っており、その中で少しでも多くの法人様にダンロップタイヤを扱っていただき、一人でも多くのお客様にダンロップタイヤを履いていただく事が我々の最大の目的となります。
それぞれのガソリンスタンドには担当するダンロップのセールスがおり、店長やスタッフとコミュニケーションを図りながら販売を伸ばすお手伝いをしています。
私の大きな仕事の一つとして、先方の現場スタッフが少しでもタイヤを販売し易いように、タイヤイベントやタイヤに関する講習会など求められていること、もしくは私がお客様にとって必要だと思う施策を継続的に本部窓口の方に提案し実施していくことです。

印象に残っているエピソード

本部担当者の仕事の一つとして、タイヤ講習会の実施があります。
一口にタイヤ講習会と言っても基礎知識から販売ロープレまで、多くの種類があります。
その中でも一日、もしくは二日がかりで実施する販売ロープレの講習会は非常に難易度が高く、当初はお客様にしっかりと内容を伝える事がなかなかできない状態でした。
上司の講習会に参加させてもらい講義内容を全てメモして覚えたり、自分の講習会を上司に見ていただき修正点や話術のポイントを教えていただいたりと、回数を重ねる毎に少しづつ自信がつき、自分が成長している事を感じられるようになりました。
ガソリンスタンドに訪問した時、若いスタッフの方から、「前島さんに教えてもらった販売方法で売れるようになりましたよ」と声を掛けて頂いたりして、本当に嬉しく感じました。

現在の目標

まずは現部署での実績・経験を積み上げたいと思っています。
売上だけを求めるのではなく、現場スタッフが効率良く仕事ができる環境をお客様との交渉を通じて整備していきたいと思います。
自身のステップアップとして、まだ経験できていない営業所の所長や直営店の店長を目指しています。
現在は本部担当として営業所の所長や、同僚達とコミュニケーションを取りながら仕事を進めていますが、現在直属の部下がいないため、自分が営業所を任された際には、所員と一緒になって運営し、個々のレベルアップとチームワークで大きな成果を出していきたいと考えています。
そして自分の部下には、次の所長や本部担当者になれるように自分の経験を伝えていきたいと思います。

ダンロップタイヤ販売会社とは

タイヤは自動車部品の中で唯一地面に接しているパーツで、乗り心地や安全走行に大きく影響を及ぼします。
ダンロップタイヤ販売会社は、タイヤという商品にどれだけ安全性・快適性という付加価値をつけて販売できるかという点においてプロフェッショナルでなければなりません。
ただ商品をお届けするだけであれば我々の存在価値はありません。
売れたからただ物を運ぶのではなく、お客様が正しくタイヤを使用し、安全快適に車を運転できるように、販売面、サービス面、もちろん物流面等などを通じて貢献していく事に尽力していくことがダンロップタイヤ販売会社の重要なミッションなのです。

学生へのメッセージ

学生の皆さんにとって、自分が一生働くかもしれない会社を選ぶという事は自分の人生を左右する大きなターニングポイントの一つだと思います。
私もダンロップタイヤという会社に入社したという事が非常に大きな人生のターニングポイントになったと思っています。
皆さんが重視される会社選びの一つとして、"20代でどれだけ社会人として成長できる会社なのか"という事があると思いますが、その点ダンロップタイヤ販売会社なら卸売・小売・本部営業・サービス・物流等様々な職務があり、それぞれの仕事に20代の若いうちから挑戦する機会があります。
是非ダンロップタイヤ販売会社で皆さんの社会人としての第一歩を踏み出しませんか。
皆さんと一緒に仕事ができる事を楽しみにしています。

前島さん
ある日のタイムスケジュール

9:00

始業

朝礼から一日が始まります。過去の事故事例を読み合わせし、安全啓蒙を実施します。本日の予定を全員で共有します。

10:00

法人本部訪問

ガソリンスタンドの法人本部へ訪問。契約やキャンペーンの提案はもちろん、他社情報やお客様のゴルフのスコアまで色々な情報を収集します。

12:00

昼食

お昼に会社にいる時は自分のデスクで食事をしますが、外出している事が多いので、向かった先々で昼食を済ませます。

13:00

ガソリンスタンド現場訪問

担当している法人様の運営しているガソリンスタンドに訪問します。当社スタッフとの関係がうまくいっているか等、ここでも情報収集をします。

14:00

上司と法人本部へ同行訪問

法人の社長様等と面談できる時は上司と同行します。時には当社社長と同行してお客様巡りをする事もあります。

15:00

自社営業所へ訪問

営業所には頻繁に訪問してコミュニケーションを図ります。お客様に対する今後の対応方法等のミーティングをします。

16:00

帰社・事務処理

当日あった事・報告する事を日報に入力します。また、その日お客様から頂いた宿題を処理したり、明日の準備をしたりします。

17:30

帰宅

明日の準備ができたら帰宅します。帰路には色々な誘惑がありますが、まっすぐ家に帰るように心掛けています。

休日の過ごし方

休日は家族と過ごす事が多いです。
子供は小学校3年生の娘と1年生の息子がいます。
先日は娘の誕生日でユニバーサルスタジオジャパンに家族四人で行ってきました。
娘が3歳の時から毎年12月に行っていますので、6年連続になります。
初めは抱っこして入り、大きい音に驚いて泣き出していた娘がアトラクションに乗って楽しんでいる姿を見ると、そのうち結婚してお嫁に行ってしまうなぁと、早すぎる心配をしてしまう今日この頃です。
近所の公園でボール遊びをしたり、ランニングをしたり、ダンスの発表会を見に行ったりとその日によって色々ですが、子供が子供でいる時間は長くないので、子供がついてきてくれるうちは、一生懸命一緒に遊びたいと思います。

一覧へ戻る