TEAM DUNLOP

人と人とが
出会う事の素晴らしさ
人と人とのつながりを
大切にしています

先輩インタビュー

卸売- Wholesale-

PROFILE

ダンロップタイヤ中央(株)秋月 将実AKIZUKI MASAMI

職種:営業所 所長
職歴:16年目
趣味:旅行、温泉、サーキット走行
好きな言葉:趣味も仕事も、物事全てに関して日々勉強!

入社のキッカケ

物心ついた時から「クルマ」が大好きで、幼いころの夢は"将来はレーサー"。
年を重ねていくにつれ夢は夢と実感し、現実としては自動車に携わる職業に就きたいと心の中で思うように変わっていきました。
しかし、周囲からは「好きなものを仕事にすると、今まで好きだったものが嫌いになってしまう」という話しを聞いていたので、進学するにあたり、当時は美術、技術が得意分野であったこともあり、工業デザイナーを目指すべく専門学科のある大学に進学し学びました。
ですが、いざ就職活動となると、結局好きなものを諦めきれず自動車関係の仕事を探す中で、"DUNLOPの知名度"と"幼いころからの得意分野"という事で門を叩き、縁があって入社しました。

現在の仕事

営業所所長としての役割として、営業所全体を見渡した上で、運営や人材育成、所員の休暇状況や体調管理を気遣いながら拠点が向かうべき方向性を定め、所員全員が気持ちよく仕事ができる環境を創ることにあると思います。
私の営業所では、しっかりとした協力体制を持つ団結力の強いチームを作るために、コミュニケーションを重視しています。
日々のミーティングや雑談を通して、何でも話せる明るい職場は、無意識に協力意識が芽生え一体感が生まれています。
例え、大きな壁が立ちはだかる大変な業務があったとしても、協力体制ができていれば、どんな事も難なくなくこなせるという懐の広い人材が多くいる拠点を目指しています。

印象に残っているエピソード

タイヤセレクト店長時代、あるお客様がタイヤのお見積りにご来店されました。
摩耗にてタイヤ交換をご検討との事だったので、装着されているタイヤを点検をしたところ、確かにだいぶ表面がすり減っていました。価格を計算し交換をお勧めしたところ、予算よりも少しオーバーしている様子で難色を示されました。そこで私は、タイヤが摩耗していると雨の日のブレーキ性能が悪化するなど安全面での不安要素をお伝えし、再度交換のご提案をしました。
すると、熱心に説明してくれたからと少々の予算オーバーでも交換をしていただく事となりました。
後日、タイヤ点検でそのお客様がご来店されました。すると「あの後、子供の飛び出しに会ってさ。急ブレーキをかけたらしっかりと止まって、なんとかぶつからずに済んで助かりました。
しっかり説明をしてくれてタイヤ交換する気にさせてくれてありがとう。お陰で命拾いしました。」と伝えてくれました。その時私はタイヤ販売に携わり、お客様の安全を守る事ができて本当に良かったと心から思いました。

現在の目標

立場が所長であるため、やはり目標とすべきなのは「営業所の業績アップ」ですかね。
お客様に自らの顔を覚えていただく事も重要ですが、主要となるお客様と当営業所のセールスとの関係を確認するために同行訪問も行います。行った後は問題点の洗い出しと対策をセールスと一緒に練り、お客様から信頼していただける関係構築をバックアップしながら、コンスタントに実績が付くように努力しています。
そして最も重要なのは「所員の育成」だと考えています。
会社のルールに沿い、所員が働きやすい環境整備をしつつ、所員とのコミュニケーションを大切にしています。そしてその中で、各々の長所短所を日々の動向から分析し、指導やフォローを通して、所長としての務めである所員の育成に取り組んでいる最中です。

ダンロップタイヤ販売会社とは

自分は「クルマ」が好きで入社し、諸先輩方もその様な方が多かったのは過去の事実ですが、最近では「若者のクルマ離れ」と言われている中、必ずしも新入社員がクルマに詳しい訳ではありません。
むしろ、何も知らない方の方が多いのも事実です。
しかし、そういったクルマに縁がなかった新入社員が、様々な研修を受け、勉強をし、何でも吸収していく事で、会社の力となってバリバリ活躍している姿をみると嬉しくなります。
社員同士が切磋琢磨しながらメリハリのある行動をしていき、時には厳しく、時には楽しく、風通しの良い人間関係を築いている社風であるからこそ、若い力が生き生きと成長するのかと思います。
私はこの会社に入って「自分は人に恵まれている」と感じています。周りの人に日々、感謝しています。
そんな事を思える会社です。

学生へのメッセージ

就職活動をしている時期は不安で仕方ないと思います。
初めて踏み出す社会。その大きな社会に出て力を発揮できるか?会社に必要とされる人材になれるか?
この会社は自分にとって合っているのか?色々と悩むことが多いと思います。
先々の事を考えることは非常に重要なことですが、まだ経験の無いものを考えていても答えは見つかりませんし、考えれば考えるほど不安要素は増えていってしまいます。
社会の全ては「人と人とのつながり」です。
この会社で人のつながりを築けるか?就職活動の中でそれをしっかり見極めてください。
当社はみんなで協力しながら、一つの目標に向かっています。
ダンロップタイヤ販売会社では、いい出会いに恵まれるチャンスがきっとあります。
ぜひ、皆さんとお会いできることを楽しみにしています。

秋月さん
ある日のタイムスケジュール

9:00

始業

朝礼にて所員の一日の予定を擦り合わせします。各通達、苦情クレーム等の確認。現状実績等の確認します。

9:10

活動スケジュール確認

顧客アポイントや事務処理作業、電話応対、同行訪問等の確認。各セールスからの報告、連絡、相談事項の確認等。

10:00

担当先への営業活動

自分の担当先やセールスとの同行訪問。もちろん日によって異なりますが、平均5~10軒程度の訪問を行います。

12:00

昼食、所員とのコミュニケーションを図る

昼食を取りながら所員とコミュニケーションを図ります。昼食後、午後の営業活動に備え、所員から午前中の報告、相談事項、作業状況等の確認をします。

13:00

担当先への営業活動

自分の担当先やセールスとの同行訪問。午前中に訪問できなかった先やアポイント先の訪問を行います。

16:30

営業所帰社

午後の報告、連絡、相談事項の確認。各ユーザー依頼の見積り等の作成、電話応対等。

17:00

所内にて事務処理

セールスの日報入力チェック、各セールスの報告、連絡、相談事項の確認。その他、明日の準備等。

17:30

帰宅

アフター5のプライベートの時間を大切にするため、日々メリハリのある行動をし時間内に帰社するよう心がけています。

休日の過ごし方

休日には関東近郊や時には地方へと足を延ばし、買い物やおいしいものを食べに行ったり、温泉に行ったりと、何かと遠出することが多いです。近郊であれば少し遠くても車で出掛け、心身共にリフレッシュをするように心掛けています。
あとは、学生時代からの趣味である車関係に時間を使っていますね。
仲間とチームを組んで耐久レースに出場したり、自家用車でのサーキット走行などを行なっています。
「人と人とのつながりを大切にする」という事を教えてくれたこの趣味で、未だに当時の仲間だけでなく、新しくできた仲間と楽しい時間を過ごせることが非常に充実しています。
今では約100人程の趣味仲間に恵まれたことは自分の財産と自負し、今後も大切にしていきたいと思っています。

一覧へ戻る